レイモンド淡海保育園の園長先生は若松ひろみさんで記者会見がかわいそうと話題

スポンサーリンク

 

こんにちは。

また乗用車の大変な事故が起きてしまいましたね。

 

8日午前10時頃、滋賀県大津市大萱で車2台がぶつかり、うち1台の車が園児の列に突っ込み、園児2人が死亡した事故です。

滋賀県警は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで2台を運転していた下山真子容疑者62歳新立文子容疑者52歳の女2人を、それぞれ現行犯逮捕したという。

巻き込まれたのは近くにある「レイモンド淡海保育園」の園児らで、散歩中に信号待ちをしていたとのこと。

大津署によると、右折しようとした乗用車が対向車線を直進してきた軽乗用車と接触し、軽乗用車が園児らをはねたとみられる。

現場は琵琶湖畔を東西に走る近江大橋から約400メートルで、湖畔の脇を南北に通る湖岸道路の交差点。

事故が起きたのは三差路で、現場では救急隊員らが慌ただしく救助活動に当たったとのこと。

歩道には園児らに衝突したとみられる軽乗用車が乗り上げ、路上には壊れた窓ガラスの破片などが散乱。交差点には規制線が張られ、近くのフェンスは折れ曲がっていたとのことです。

最近は本当に車が歩行者に突っ込む事故が多発していますね。先日の池袋の事故もそうですしね。

その後、園児たちが通っていたレイモンド淡海保育園の園長先生である若松ひろみ園長が記者会見を行いました。

その記者からの質問が実にエグいと批判殺到なのでどんな質問だったのかまとめてみました。

 


どのような記者会見だったか?マスコミは非情な質問を繰り返したのか

 


冒頭、「今回、このような痛ましい事故が発生し、お子様の突然の訃報に接し、大変な驚きと同時に本当に心を痛めています。お亡くなりになった園児の未来のことを思うと、本当に残念でなりません。保護者及びご親族、ご親類の皆様に心より哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りいたします。また、けがを負った子どもたちや職員が一日でも早く回復することを心より願っております」と述べた理事長の前田効多郎氏。また、質疑応答で「亡くなったお子さん2人はどのような子だったか」との質問に、「とても素直で、いつも笑顔の絶やさない子たちです」と涙で声をつまらせたレイモンド淡海保育園の若松ひろみ園長。さらに、記者から「園児たちはどんな様子で出ていったのか。いつもと変わらない様子だったのか」「危険な場所だという認識はあったのか」「園児たちにどういった声をかけてあげたいか」といった質問が矢継ぎ早に出ると、若松園長は泣き崩れ、出席者から「園長の気持ちが持たない部分がある」「つらい状況ですのでご理解いただきたい」と説明する場面もあった。

なお園側はこの後、今後の対応や園の運営方針などについて保護者説明会を開くとしている。

 

 

出典:AbemaTV/「AbemaNews」より

 

個人的には本当にひどすぎると思いますね。

記者会見も見ましたけど…

これ親が見ても気分悪いですよね。

Twitter等でも「園長先生は被害者なのに」という批判の声が殺到です。

記者も『いつもの散歩コースだったんですか?』『隊列はどうだったんですか?』『保育士は車道側歩いてたんですか?』とかまあ空気の読めない質問を繰り返ししていましたよね!

もはや園長先生が泣き崩れるのを見てそれを「これはネタになるぞ」と言わんばかりに撮っていましたよね。

仕事なのかもしれませんが非情な質問が多すぎます。

園長先生は保護者会を開く予定と言っていましたが、気持ちの整理ができ次第、無理なさらない程度にして頂けたらと思います。

園児2人のご冥福をお祈りいたします。


 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました