槇原敬之(マッキー)逮捕!薬仲間は誰?世界に一つだけの花はどうなる?

ENTERTAINMENT
tkfashi / Pixabay
スポンサーリンク

人気シンガーソングライターのマッキーこと槇原敬之さん

覚せい剤取締法違反で2度目の現行犯逮捕をされて

大騒ぎになっていますね。

やはり前科のある人はやめられないのでしょうか?

 

 

やめられないのは薬仲間がいるからなのでは?

なんていう疑問がなんとなく浮かんできますよね。

 

そして

もう一つとても心配なことがあります。

 

名曲の「世界に一つだけの花」は

一体どうなってしまうのでしょうか?

 

今日は、

 

・マッキーが薬をやめられないのは一緒に薬をやる薬仲間がいるから?

・マッキーの名曲「世界に一つだけの花」の行方はどうなってしまうの?

 

こちらをテーマにして調べて行きたいと思います。

 

 

マッキーこと槇原敬之逮捕!二度目の逮捕で薬やめられない!

 

マッキーこと槇原敬之さんは

一度1999年に今回と同じく覚せい剤取締法違反で

逮捕されているのは有名な話ですよね。

 

まず、今回の事件の内容をみていきましょう。

 

歌手の槇原敬之容疑者(50)が13日、覚せいを所持していた覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されていたことが分かった。

 警視庁によると歌手の槇原敬之容疑者(50)は港区のマンションで覚せい剤およそ0.083gを所持していた覚せい剤取締法違反などの疑いがもたれている。

 警視庁はきょう午後4時半過ぎ渋谷区の自宅で槇原容疑者を逮捕したということだ。2018年には槇原容疑者の個人事務所の元社長の男性が東京・港区のマンションで薬物を使用したとして逮捕・起訴されており、その後、警視庁は槇原容疑者の動向に不審な点がないか調べていた。(ANNニュース)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00010020-abema-soci

 

では、1999年の情報をみてみましょう。

 

1999年8月26日、覚醒剤所持が発覚。情報を得て内偵中だった警視庁本富士警察署の捜索を受けた際、自宅から発見され、覚せい剤取締法違反(所持)現行犯で10年来の友人の奥村秀一と共に逮捕された。本人がファンや関係者に向けて「多くの方達に取り返しのつかないご迷惑をかけてしまい、お詫びする気持ちをどう表現して良いかわかりません。潔く罪を認め、いかなる処分も受けなければならないと思っております」とコメントし、謝罪した。

9月3日にはMDMA所持が発覚した。これらの薬物は槇原・奥村の共通の知人から入手したものだった。槇原の逮捕により、9月から予定されていたコンサートツアーの中止やレギュラーラジオ番組の打ち切り、CDが発売元のレコード会社によって店頭から回収される動きがあり、このときファンが買いに走ったために、過去の作品の売上が伸びるという現象が起こった。また、この逮捕により一時期は7億円もの借金を抱えた。9月9日に300万円の保釈金によって保釈され、12月8日に 懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。同日に本人は「寛大な判決が下りました今も、法を犯すことの重大さを痛感いたしております。今後は、絶対にこの様な事を起こさないことを、堅くお約束いたします」とコメントし、それ以降スタッフなどと今後についての協議を行った。

引用:Wikipedia

 

見て頂いてもわかるように、

前回と今回の内容が全然変わっていないのです。

過去に7億の借金をかかえ、

保釈金300万で執行猶予はついたものの、

1年6ヶ月の懲役を経験し、

絶対にこのようなことは二度とない」と言いながら

2度目の逮捕をされてしまったのです!

まさか20年も経ってまたやってしまうとは。

そんな声が多数聞こえてきます。

ネットの反応も見てみましょう。

 

 

 

 

 

このように、

「残念」

「曲に罪はないから配信停止しないで」

「曲に何度も救われた」

 

という声が一番多いですかね。

どちらかというと、叩かれているというよりは

残念という印象を受けました。

 

 

やめられない原因!マッキーの薬仲間は誰?

 

 

槇原敬之さんが20年経った今でも

これだけ薬をやめられない理由があるのではないか?

という疑問が湧いてきます。

それは、薬を一緒にやっている仲間がいるのではないか?

という話です。

 

1999年の逮捕の際は、薬の世界へと引き込んだのは

まさかの「恋人」でした。

その恋人とは、当時は奥村秀一さん(当時23歳)で、

当時槇原さんと同居していたということでした。

 

 

1999年8月の逮捕時、当時の恋人が槇原容疑者を覚せい剤の使用へ「引き込んだ」と証言していた。当時の記事(1999年9月16日号)を再編集のうえ、公開する。

※記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

◆◆◆

「がっちり、むっちり、ぽっちゃり系が、マッキー(模原の愛称)の好みなのよ」

 8月26日、覚醒剤所持で現行犯逮捕された、シンガーソングライターの槇原敬之 (30)。彼の“趣味”は、同好の士の間では公然の秘密だった。

槇原の住む港区南青山のマンションで、一緒に逮捕されたのが、“友人”と称する無職・奥村秀一(23)。押収された、約1グラムの覚酸剤について、槇原は「自分が、奥村に買いに行かせたもの」と認めている。部屋には、奥村の着替えや日用品もあり、2人は、親しい間柄だった。

引用:文春オンライン

 

 

もしかしたら、同じパターンの可能性もあり得ますよね。

覚せい剤というのはニュースを見ていると

捕まった人と交友関係がある人

芋づる式で捕まる事が多い気がします。

 

 

世界に一つだけの花はどうなってしまうのか?

 

 

今回の事件で、マッキーこと槇原敬之さんの名曲

世界に一つだけの花」が

配信停止になってしまうのでは?

といって心配する声が上がっています。

 

 

 

 

やはり、槇原敬之さんの様々な名曲の配信停止を

心配する声が多数あがっていますよね。

「落ち込んだ時に立ち直れた」

という感想が全体的に多く、

今回の逮捕はファンもとても悲しんでいるようです。

 

また、ファンだけではなく、

槇原さんの曲を使っているテレビ局等は大慌てで

次に採用する曲を決めているとのことで、

あの「ヒルナンデス」も急遽、

無音で放送すると決めているそうです。

ですので、2月14日から無音で放送される予定だそうです。

 

 

世界で一つだけの花は配信停止?どれほど売れたのか?

 

2003年3月5日に『世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)』としてシングルカットされた。このシングルはSMAP初の200万枚(ダブルミリオン)、ジャニーズ事務所所属のアーティストで初の200万枚以上の売り上げを記録している。なお、同ドラマの中でシングル・ヴァージョンが唯一使われたのは、発売直後に放送された最終回のエンディングである。

引用:Wikipedia

 

なんと!ジャニーズ事務所で初の200万枚以上を売り上げていた曲だったのです!

こんな名曲が果たして配信停止になるのでしょうか?

たくさんの人に愛されている曲ですし、

あくまで世間の声は

「配信停止しないで」

「曲に罪はない」

です。これだけ名曲だと、配信停止まではいかないのではないか?

と予想しています。

ネットからの反応を見ていても、

今回の逮捕くらいでは、悪影響はないと言えるかと思います。

 

ただ、少なくとも影響があるのでは?

と言われている曲があります。

 

 

槇原敬之の逮捕で木村拓哉のソロデビューはどうなる?

 

槇原さんは自身の楽曲だけではなく、

数々の有名アーティストのプロデュースをしています。

 

現在で有名なのは、

木村拓哉さんのソロデビューのプロデュースです。

木村拓哉さんは2020年にソロデビューをしていますが、

その中の「UNIQUE」の楽曲制作に関わっているのが

槇原さんということなのです。

木村拓哉さんはソロのコンサート中とのことで、

一体どうなってしまうのでしょうか。

 

ちなみに槇原さんの影響を受けそうな曲はこちらです。

 

・「UNIQUE」

・「世界に一つだけの花」

・槇原敬之ニューアルバム「Bespoke」

 

個人的な意見ですが、前から使っていたと思いますが、

地合いが悪すぎるのではないか?

なんて思ったりもします。

 

まとめ

 

・槇原敬之の薬仲間は1999年にも逮捕された当時のパートナー奥村秀一と予想

・槇原敬之の名曲には罪はないとの声が殺到しており、配信停止にしないで欲しいとの声

・世界に一つだけの花はそこまで悪影響を受けることはないのではと予想

・現在プロデュース中の木村拓哉の曲はどうなってしまうのか?→情報分かり次第更新したいと思います

・少なくとも「ヒルナンデス」は無音状態で放送という対処

 

 

やはり薬は一度やってしまうと依存性が非常に強いですね。

この後も気になる記事について調べて行こうと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました