安井友梨の食事や減量方法は?雑穀ご飯生活やダイエット内容は?

BEAUTY
スポンサーリンク

フィットネスビキニの日本チャンピオンである安井友梨さん。

最近よくテレビで見かけますね。

美しい上に、職業は現役の外資系銀行員と才色兼備です。

驚きなのがもともとダイエット目的で始めたトレーニングで、チャンピオンになってしまったことです。

そんな安井友梨さんですが、その中でも食事や減量方法はどうやったのでしょうか?

また、雑穀ご飯生活でダイエットに成功した理由とは?美容法は?

が、気になったので調べてみました!

安井友梨の食事や減量方法は?

安井友梨さんですが、あれだけのスタイルになるにはどのような食事や減量法をしているのでしょうか?

まとめていきたいと思います。

【日々食べているもの】

・もち麦不溶性の食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく含み、腸内環境の改善に。抗酸化作用のあるB2・鉄分・ポリフェノールも含み美肌効果も。

・黒豆農薬、化学肥料不使用の北海道産の黒豆を毎日食べているそうです。

・黒米(無農薬)

・リンゴ(無農薬)

・きゅうり(無農薬)

・ゆず(無農薬)

・マルシマのかつお・昆布入りだし

・オーガニックポン酢(何にでもかけるそうです)

・エルダーフラワージュース…有機JASマーク承認を取得した、何世紀にもわたるイギリスの伝統文化から生まれた、気分をリフレッシュするハーブ飲料。デトックス、毒素を出してくれるそうです。

・北里八雲牛…(しゃぶしゃぶにしてポン酢で食べるそうです)

・馬肉…鉄分豊富で高タンパク

【減量中に食べているもの】

減量中の食事もこんな感じだそうです。

とにかく安井さん曰く、「日々口に入れるものが大事」だそうで、その徹底っぷりは食事にかなりのこだわりが見受けられます。

やはり、日本チャンピオンは違いますね。ストイックです。

他には、

・小松菜

・ポンカン

・ベリー

・切り干し大根

・ブラウンマッシュルーム

などが散見されました。

野菜や果物は無農薬が基本のようです。

 

安井友梨さんですが、減量中の時は朝はスムージーに置き換えダイエット、

昼は職場でトマト、ゆで卵、胸肉、ブロッコリー等

かなり気をつかって食事しているとのことです。

卵やブロッコリーはタンパク質が豊富だと有名なので、非常に摂取する頻度が多いようです。

安井友梨の雑穀ご飯生活でダイエット内容は?

安井友梨さんですが、雑穀ご飯を食べつつダイエットに成功しています。

一体どのような雑穀ご飯生活をしているのでしょうか?

安井友梨さんですが、雑穀エキスパートであることが判明しました。

そのため、自身で雑穀をプロデュースしているようです。

その雑穀米の名前は「黒美米」。

国産で無添加で電子レンジで簡単にチンできるそうなので、忙しい方でも続けられるそうです。

入っている雑穀は全部で6種類で

・玄米(国産)

・黒米(国産)

・黒千石(国産)

・小豆(国産)

・アワ(国産)

・キビ(国産)

だそうです。

こういう雑穀生活を送り、ダイエットに成功しているそうです。

効果は

・快便

・アンチエイジング

・抗酸化作用

・糖の吸収をおさえる

だそうです。

こちらから購入できるそうです↓

黒美米(12パック入り)

美しくなりながらダイエットもできるということで、女性にかなり人気売り切れになりやすいそうです。

興味のある方は試してみるといいですね。

安井友梨プロフィール

名前:安井 友梨(やすい ゆり)

生年月日:1984年1月13日

出身地:愛知県

血液型:B型

身長:173㎝

体重:52〜66㎏

学歴:松蔭高校→椙山女学園大学(すぎやまじょがくいんだいがく)

職業:ANZ銀行(営業職:シニアリレーションシップマネージャー)

まとめ

・安井友梨さんの食事や減量方法は高タンパク質低脂質の食事が多く、卵、ブロッコリー、馬肉、トマト等が多かった!

・安井友梨さんは雑穀エキスパートであり、自身でプロデュースしている「黒美米」や各地で取り寄せている無農薬の雑穀を食べてダイエットに成功していた!

・減量中は炭水化物は食べず、朝はスムージーに置き換えるなどストイックな徹底ぶりだった!

 

自粛中の今、テレビ番組ではおうちでできる筋トレ法みないなものも紹介する機会が多くなってきましたね。

安井さんも最近ではかなりテレビ出演が多くなってきていると思っています。

最初はダイエットのつもりで始めていたら今は選手でチャンピオンだからすごいですよね。

30歳から始めたとのことなので、誰でも出来るとのことなので、生まれ変わりたい方はぜひ安井さんについていってみてはいかがでしょうか?↓

安井友梨さんオフィシャルブログ

最後までご覧下さりありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました